断食のリラックス効果

自律神経の働きを安定させ、心身ともにリラックス効果をもたらします

断食を行っている間、ケトン体という脳内物質が増加します。ケトン体が増加するとα波が出て心身をリラックスさせる効果があり、さらに普段以上に頭や五感も鋭くなり、冴えてくるといわれています


断食中は、食事制限により脳へ送られるブドウ糖の代わりに、ケトン体という物質を脳が出し、エネルギーに変換します。

ケトン体の働きにより、リラックス効果をもたらすα波が出ることで、幸福ホルモンと言われるβエンドロフィンが増加し前向きな気持ちになれます。

心と身体のバランスがとられた断食をすることで、リラックス効果のある心地よい睡眠が得られ、朝の目覚めも良くなります。

血液サラサラ効果も表れ、肩こりや片頭痛の改善効果も期待出来ます。

TOP